内臓の不調と整体

ブログ

内臓不調はさまざまな症状がありますが、当院には便秘や下痢、吐き気、食欲不振、お腹の張り感、手術後の縫合部分の違和感などの症状を見ることが多いです。

内臓は自律神経や精神的なストレスなどと関係していることが多いです。もちろん、食生活の乱れも関係します。

腸内環境をチェック

・日常生活にストレスを感じる

・夜勤など、不眠により昼夜逆転生活をしている

・運動不足

・食べ過ぎてしまう

・お酒やジュースをよく飲む

・花粉症やアレルギーがある

・肌荒れがひどい

・疲れやすい、体がだるい

・はじめての環境に慣れず、精神的に疲れる

このような症状がどこかあてはまれば内臓の不調を抱えている可能性があります。

内臓の不調と自律神経の関係性

内臓の不調を訴えている人は自律神経の乱れが目立ちます。自律神経は脊髄なので、背骨の固さが著名に表れていることが多いです。また、呼吸も浅くなっていたりもします。内臓の機能も低下していることもほとんどです。

自律神経とは交感神経と副交感神経の2種類に分けられます。

交感神経は覚醒状態のときに働く神経であり日中の活動中に働いています。汗をかく、血圧や呼吸数があがったり、血管が拡張して、血液を大量に流したりなど、運動中とかに優位になります。

副交感神経はリラックスした状態で働く神経になります。睡眠のときに働く神経であり、内臓が働きだし、一日の疲れを取るために体を回復させるような働きをします。

この2つの神経のスイッチの切り替えがうまくできていればいいのですが、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足により自律神経は乱れ、便秘や下痢になりやすくなります。

腸は脳との関係が深く、脳腸相関と呼ばれていて、脳で感じたストレスは腸への影響力が強いと言われています。鬱になると便秘にもなりやすいということは分かっています。なので、腸に影響し、便秘や下痢にもなりやすいです。

転勤や新しい仕事により環境の変化や人前で話すのが苦手で大勢の前で話さないといけなかったり、面接など緊張するような場面が多いと交感神経優位になり、胃腸の働きは悪くなりやすいです。

便秘、下痢と整体

人は食べ物を口に入れると食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門を通ります。食べ物の吸収は腸で行っています。

これらの内臓の動きは副交感神経優位のときに働きます。ご飯食べた後にすぐ走ったりするとお腹が痛くなるのは食べ物を消化させようとしているからです。食べたものを消化、分解、吸収するためには内臓の蠕動運動という動きが大切です。これはゆっくり内臓が動き、食べたものを肛門まで運ぶような運動です。

自律神経の乱れにより内臓の動きが弱くなるとこの蠕動運動も弱くなってしまいます。すると、肛門まで食べカスが届きにくくなり、便秘になりやすくなります。

腸から吸収された栄養を皮膚や内臓など血液と一緒に届けています。便秘で腸内に便が溜まっていると便も栄養の一部として吸収してしまいます。そして、出口を追い求めた結果、皮膚から汗と一緒に便の成分が出てくるので便のような異臭を放つようにもなります。

腸ではどんなに腐敗したものであっても吸収します。そして、血液に入り皮膚や内臓へ栄養を送ります。汚れた血液は肝臓で解毒され、腎臓でろ過し膀胱へ送り込み、尿となります。汚れた血液が全身をめぐることになるので皮膚や内臓は負担がかかります。

食欲不振、お腹の張り感と整体

食欲不振やお腹の張り感は内臓の疲れが関係しています。内臓が働いていないと食べたものをうまく消化できないと食欲は無くなります。お腹の張り感も内臓のどこかで負担がかかっていると内臓も固くなりお腹の張り感に伝わります。

腸の動きを出すことにより、呼吸を深くすることで食欲も正常に戻し、お腹の張り感も自然ととっていきます。

内臓の不調と免疫

免疫とは体内に病原菌や毒素その他の異物が侵入しても、それに抵抗して打ちかつ能力であり、異物と反応する抗体を作って発病をおさえる抵抗力を持つことを言います。この免疫が体を守っています。

この免疫細胞が一番多く存在するのは腸になります。腸で免疫細胞はおよそ70%が作られていると言われています。腸は栄養を吸収すると同時に免疫機能を持つ重要な器官になります。

食べたものや飲んだもの、あるいは空気中に浮遊しているものなど体内に入った病原菌は胃酸や胆汁酸で殺されますが、それでも死なない病原菌は、小腸の免疫機能でやっつけます。

腸で最も免疫の働きを担っているのが小腸のパイエル板というところになります。

パイエル板は小腸の絨毛の間にあるリンパ小節が集合した腸管特有の免疫組織です。

パイエル板は腸管免疫で最も重要な器官であり、腸内に有毒な物質が入り込むことで異物の情報を集め分析し、白血球(T細胞・B細胞)に異物への攻撃と排除命令します。命令を受けた白血球は異物へ攻撃を開始します。

このように腸内の細胞の働きにより病原体を倒すのですが、これらの免疫細胞と関わっているのが腸内細菌です。200種類、100兆個以上の腸内細菌と免疫細胞がタッグを組んで外敵から体を守っています。

腸は常に外敵から身を守っているので、腸内環境を常に元気にしておくことが大切です。

整体ありすけでできること

内臓に蓄積した異物を除去し、内臓が正常に働きだすように促します。異物の除去を行うことで脳の捻じれが取れ、ストレスのない体に戻ります。この異物が残っていると、内臓や動脈、筋肉、関節なども固くなったままであることが多いです。すると、お腹の張り感が残り、内臓もうまく働いてくれません。

また、内臓は神経を介して、背骨とつながっています。内臓の負担のかかってる場所と関係する場所の背骨の関節は固くなっています。背骨もひとつずつ丁寧に触診し、優しく緩めてもいきます。

内臓も触診し、実際に固くなっていたり重くなっている臓器も治療していきます。

このような治療をすることで自律神経や内臓の働きを良くして、内臓の不調を解決していきます。

タイトルとURLをコピーしました