揉んでほしい方は他のお店へ行ってください

ブログ

なぜ、揉んではいけないのか

たまに、当院に揉んでほしいというお客さんが来られます。

しかし、私は揉んでも意味がなく、無駄と思いますので、別のお店を薦めます。もん〇〇じゃんやほ〇〇どうなど揉みほぐしのお店はたくさんありますからね。

だいたいの方は肩こりや腰痛で悩まれるとよく揉んだりするのが当たり前だと思います。

その時は、当然、楽になります。

次の日はどうでしょうか?

何か、変化ありますか?

おそらく、余計酷くなったり、またもとに戻ったというのが多い声だと思います。

固くなっては揉んで、また固くなる。

当然の結果です。

なにも解決してないので、肩こり、腰痛はいつまで経ってもそのままです。

筋肉が固まっているところを強く揉んだり、電気治療をしたりすると、基本的には筋肉を傷つけます。それに感覚はマヒします。痛みを感じなくなります。

破壊された筋肉は、炎症し、動脈血がよく流れます。

だから、そのとき、血液の流れが滞っていたところが酸素や栄養が十分に血流によって運ばれるので楽になります。

しかし、筋肉が固くなる原因は筋肉ではありませんので、次の日とかには大概の方は元に戻っていますね。

当院のやり方とは?

当院は結果のコリをただ揉むような浅はかな施術ではなく、原因を探し、施術していきます。

何でも言いますが、結果には原因があり、肩こりや腰痛は何かしらの体の訴えであり表現です。

なんで肩こりなのか?

なんで腰痛なにか?

なんで揉んでも繰り返し痛くなってしまうのか?

原因を知りたいと思いませんか?

原因は筋の反射を使った検査方法を用いることで体がどんなストレス(異物や心理など)を持っているのか探し出していきます。

そして、いま、現在、どのような体なのか、健康状態なのかを検査により把握していきます。

検査は両腕を軽く持ち上げるような簡単な検査なので痛いことはしませんのでご安心ください。

そして、それらのストレス(異物や心理など)を体から解放し、治癒能力を引き出し、健康へ導いていくような施術をしていきます。

すると、自然と体はストレスから解放され、筋肉のコリは緩み、血管の緊張などもよくなり、体が楽になっていきます。

ブログで書いて理解できるとは到底思いませんが、なんとなく言いたいことが理解いただけたらうれしいです。

当院では、

・病院の検査でも原因不明

・揉んでも良くならない、もうこりごり

・薬を手放していきたい

・原因を知りたい

など、そんな方々をお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました