カフェインを摂取し続けていると、危険!?

こんにちは。

普段、クライアントさんを施術していく中で、だいたいの方がカフェインを毎日摂取している印象を受けます。

最近では、少しずつカフェインを取り続けることで、身に危険を及ぼすことも知られつつあります。

では、なぜ、体に良くないのか、危険なのか。

ブログで、触れていきたいと思います。

そもそも、カフェインとは?

カフェインと聞くと、どんなものに入っていると思いますか?

コーヒーやウーロン茶、緑茶、エナジードリンクが一般的には有名ではないかと思います。

カフェインは、アデノシンと呼ばれる神経を鎮静させる作用を持つものの構造に似ています。

このアデノシンが受容体と結合することで、役割を果たし、興奮状態の神経を鎮静させます。つまり、副交感神経優位になり、リラックスモードに入り、身体を休めようとするわけです。

しかし、カフェインを摂取することで、アデノシンの働きを阻害してしまい、受容体と結合することができなくなります。

その結果、神経は興奮状態になります。

カフェインを摂取することで、夜眠れなくなったり、眠気覚ましに飲むというのは、上記の理由があれられるからです。

カフェインの影響…

カフェインを過剰摂取することで、中枢神経系を興奮させてしまい、めまい・心拍数の増加・動悸・興奮・不安・不眠が起きやすいと言われています。

消化器系も刺激されれば、嘔吐・吐き気なども起こりやすいです。

また、妊婦の場合は、胎児の発育を阻害する可能性があります。

長期的なカフェインの摂取で、高血圧のリスクが高くなります。

さらにカフェインには利尿作用があります。

カフェインが含まれるもので水分を摂取しているつもりでも、気づかぬ間に脱水症状を引き起こしてしまいます。

カフェインと施術の関係

毎日の水分補給がカフェインの飲み物となると、中枢神経系は興奮状態になり、尚且つ、体内は自然と脱水症状を引き起こします。

カフェインは摂取した水分以上に利尿作用が働き、尿として排尿されると思ってください。

私の施術では、神経の興奮を抑え、リラックスモードに調整し、身体の自然治癒力を引き出すようにしています。

リラックスモードにすることにより、自然治癒力は高まり、自分の身体を良くしようとするためです。

体内の水分が足りていないと、細胞内での代謝機能が低下し、当然、治癒能力も低下してしまいます。

どんな素晴らしい施術を受けていても、脱水症状があると、どんな症状であろうと改善しにくいことにもなります。

なので、カフェインも摂取してもいいですが水もたくさん飲むように心がけましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カフェインの危険性が理解いただけましたでしょうか?

水というのは、身体の60%を占めており、毎日、循環させることが大切です。

毎日、こまめに水を摂取することをお勧めします。