肩こり・首こり

ブログ

多くの方を悩ませる肩こり・首こり

・肩や首がものすごくコリ固まっている

・背中や肩甲骨周りに張りがある

・肩や首が凝り過ぎて、頭痛やめまい、吐き気を伴う事がある

・睡眠を取っても夜中に目を覚ませてしまい、スッキリ起きることができない

・疲労感が毎日ある

・肩や首の筋肉を揉んでも良くならない

などの症状で悩まされている方は非常に多いのではないでしょうか?

日本人はどのくらいの人が肩こりで悩んでいるか?

下記のグラフは厚生労働省より平成22年調査による性別にみた自覚症状のランキングです。

肩こりは男性で2位、女性で1位と上位にあります。

整体ありすけには以下のような症状でお悩みの方がたくさん来られます。

・仕事柄、デスクワークで常に首や肩が痛い

・肩や首がコリすぎて、頭痛や吐き気までするときがある

・肩こりや首こりで仕事に集中できない

・目が疲れる

・睡眠を取っても、朝、体がだるい、おもい

私の考えでは慢性の肩こりは下記の内容が関係しているのではないかと考えられます。

首の痛みや肩の痛みは基本的には原因は痛みのある部位とは別のところに存在します。

内臓の問題

横隔膜の問題

頸椎や胸椎、腰椎、仙椎(背骨・骨盤の歪み)

循環不全(動脈の緊張)

脳の歪み

過去の外傷(交通事故、捻挫、転倒など)

精神面のストレス(感情)

自律神経の乱れ

では、なぜ、肩や首をマッサージするとその時に痛みは消えるのか?

強く揉んだり、電気を流したりすると痛みや痺れといった症状は無くなります。

これは治ったと思われる方も多いと思いますが、残念ながら治っていません。

揉まれることにより組織は炎症を起こし、動脈血が著しく流れるようになります。

今までコリ固まっていた筋肉は酸素や栄養が不足していた分、一時的に血流が良くなるので痛みが消えます。

しかし、炎症を起こした後は再び、組織の修復を行います。

また、揉まれても負けないようにより強く固く筋肉はコリ固まってしまいます。これがその場しのぎの施術です。

なので、肩や首をマッサージするとどんどん筋肉は固くなって慢性になってしまいます。

整体ありすけでは姿勢が悪い、枕が合っていない、肩甲骨がどうのこうのとかは言いません。カラダの構造のみを見ていきます。

それでは原因について一つずつ解説していきます。

内臓と肩こりについて

内臓が固くなる人は同時に内臓下垂を起こしている方がほとんどです。内臓が下垂することにより内臓は骨盤にのしかかります。

すると、背中は猫背になり、骨盤は後ろに倒れ、首は前に突き出す形になります。

首が突き出るとボウリングの球の重さ程の頭を首や肩周りの筋肉が支えなくてはなりません。

また、肩こり・首こりは肺や胃、心臓、肝臓などとも関係があります。

暴飲暴食で胃や肝臓に負担をかけたり、ストレスにより内臓の働きが悪くなり固くなります。

内臓が固くなることで膜のつながりにより筋層へと伝わり、肩こりや首こりになります。

横隔膜と肩こりについて(呼吸)

横隔膜は呼吸の筋肉になります。

焼肉だとハラミを食べると思いますが、これが横隔膜です。

横隔膜の上には肺や心臓、下には肝臓や胃が近隣に存在します。

また、横隔膜はを横に分断させるような隔膜になります。

この横隔膜が固くなると横隔膜を縦に貫いている動脈、静脈、神経を圧迫することにもなり血液の循環不全にもなります。

つまり、体の中を流れる血流のバランスが崩れます。

横隔膜はドーム状の筋肉であり、上下に動いています。固いことで動きが鈍くなり、肺の弾力性(酸素の吸入量)も悪くなります。

そして、筋肉もコリだし肩こりや首こりになってしまいます。

背骨・骨盤の歪みと肩こりの関係

骨盤は人間の骨格の中で土台と呼ばれています。

土台がしっかりしていないと上半身のバランスも当然、崩れます。

骨盤は背骨だけでなく、内臓の受け皿的な存在でもあります。

食生活の乱れや生活環境の異物(排気ガス、家庭内毒物など)、ストレスにより内臓下垂を引き起こし骨盤に内臓は重くのりかかります。内臓が骨盤にのしかかると骨盤は歪んできます。

骨盤矯正で筋肉や関節をやってもその時はいいかもしれませんが内臓には何もしていないのでまたすぐに戻りやすいでしょう。

また、女性の場合は骨盤の中に子宮や卵巣が存在します。

子宮は骨盤と靭帯で連結しており、ハンモックみたいに浮いている組織です。

骨盤が歪むことで子宮、卵巣は捻じれ、生理がうまく行かなくなることもあります。

循環不全(動脈の緊張)と肩こり

すべての組織には必ず動脈が存在し、酸素と栄養の受け渡しをする懸け橋となっています。

しかし、動脈が緊張することにより血液の流れが悪くなります。

筋肉や内臓、骨格(関節)が固くなることで血管は圧迫されたりします。

例でいうと正座をすると膝から下は足がしびれたりすることがあると思います。これは血管が圧迫され膝から下の組織は阻血状態になっているため栄養・酸素不足により足が痺れてしまいます。

栄養・酸素が不足することにより筋肉はコリが強くなり固まり、肩こり・首こりになりやすくなります。

脳の歪みと肩こり

体内に蓄積された異物やストレス(精神)により脳はそれらに対して拒絶反応を示し、脳は歪みます。

この歪みにより全身の筋肉はコリを作り出されます。

脳は全身の組織の司令塔であり、その主役が歪むことで肩こり・首こりに関係してきます。

過去の外傷と肩こり

過去の外傷は主に衝撃です。

ぶつかった時の衝撃は体内に入り込み、その通り道の組織は固くなります。

次に同じ外傷が来ても体が耐えられるように固くなります。

例えば、ボクシングをする人の拳は何度もパンチを繰り出し続けることにより、普通の人よりも拳が固いです。これは衝撃が体内で記憶されて組織が固くなっている証拠です。

しかし、必要な衝撃の固さもあれば肩こりで悩む悪いものでもあります。

精神面のストレスと肩こり

気持ちの面で落ち込んだり、嫌なことをいやいやながら続けたりとしていると胸郭(胸の部分)は固くなります。

すると、呼吸は浅くなり横隔膜や肺は固くなり、肩こりや首こりに関係してきます。

自律神経の乱れと肩こり

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類に分かれます。

交感神経は興奮状態(活動状態)に働くものであり、主に起きているときに働いています。動くことで血圧や脈拍、呼吸数が上がり、皮膚から汗が分泌されたりするようなことは交感神経優位になります。

副交感神経はリラックスしているときに働くものです。夜寝ているときに1日の疲れを回復へと導き、食べたものを消化、分解、吸収するため内臓が働いています。

ご飯食べた後にすぐに走ろうとすると胃らへんが痛くなることが経験したことはあるでしょうか?これは食べ物の消化をしようと体が働くので副交感神経優位に傾こうとするため痛みを出して休むように体が促しています。なので、ご飯を食べた後は眠くなります。

しかし、ストレスや痛みがあると夜に睡眠を取ろうとしても痛みで目がしたことがありませんか?

痛みが常にあると交感神経優位になり、副交感神経が働きにくくなります。夜に睡眠を取ろうとしても副交感神経のスイッチがうまく切れ変えられないために1日の疲労をしっかりとることが出来なくなっています。

この状態がずっと続くと慢性的に肩こりや首こりで自律神経も乱れてしまいます。

整体ありすけでできること

整体ありすけでは肩こり・首こりをその部分だけを見ていくのではなく、全身の歪みを見ていきます。固まっている筋肉はほかに原因があることがほとんどでもあり、それに関係する組織を緩めていきます。

タイトルとURLをコピーしました