腰痛

ブログ

腰痛に悩む日本人は非常多いです。

このグラフを見ても男性1位が腰痛、女性2位が腰痛という結果になっています。ということは日本人の大部分は腰痛に悩まされているということになります。

腰痛の原因

腰痛の原因は、腰の骨や筋肉の固さ、ストレス、内臓の病気などいろいろありますが腰痛は日本人の大半が経験したことのある症状であると言われています。

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎辷り症、分離症などのレントゲンで椎間板や靭帯、骨の変性によりはっきり確認できるものは原因が明らかではあります。病院ではこのように画像ではっきりした原因が分かると病名を診断されます。そこから薬や電気、牽引、あるいは手術を勧められるでしょう。

しかし、このようなケースに属さない腰痛も実はたくさんあります。腰痛の85%は病院にも行っても原因不明と言われています。

つまり、腰痛の大半は病院でレントゲンや検査を受けたとしても原因不明が大部分を占めています。

腰に痛みがあるものの、画像診断で骨や脊柱管などの組織に異常が見られない、原因不明の腰痛のことを「非特異的腰痛」と言います。

これに対し、原因がはっきりとわかる腰痛は全体の15%しかありません。病院でたまたま原因が分かる人は15%で、治療ができる対象なのです。

85%の原因不明の人は、注射や痛み止めの薬など対処療法を受けているのです。

・朝起きると腰が痛い

・仰向けで寝るのがツライ

・運動ができない

・車の運転がツライ

・やる気が起きない

など、腰痛があると日常生活に支障をきたします。

腰痛の施術といったら何を思い浮かべますか?

腰をボキボキ鳴らして、腰を強く揉んだり、骨盤矯正、電気、牽引をしてみたりとかでしょうか。

腰が痛いのは

・骨盤がゆがんでいるから

・股関節が固いから

・腰の筋肉が固まっているから

・筋力がないから

と普通は思われていると思います。

しかし、これはすべて結果であって原因ではありません。

なぜ?骨盤がゆがんでしまうのか。股関節が固くなってしまうのか?腰の筋肉が固くなってしまうのか?これが原因のカギになります。

整体ありすけではなぜ、骨盤や股関節がゆがんでいるのか?腰の筋肉が固いのか?を診ていきます。

骨盤が歪むのは内臓の位置関係(手術の影響も)、股関節からの下の影響(膝関節や足部)、背骨の歪みなどいろいろな原因があります。

この原因を丁寧に探っていき、原因に施術していきます。

そして制限となる部位が解放され、血流は促進され、痛みは自然と引いていく体になります。

内臓と腰痛

腎臓

腎臓と腰痛はとても深いつながりがあります。朝方、起きる時に腰が痛い人は腎臓が関係しているかもしれません。

腎臓の周りには神経や筋肉が存在しつながりがあります。

腎臓は腸腰筋と膜を通して繋がっています。腸腰筋は腰に関係する筋肉です。下の図のように腰椎、骨盤、股関節に関係するような筋肉です。

腎臓に問題があると腎臓は腫れ、重くなり下垂するようになります。下垂することで腎臓の膜は緊張状態となり腸腰筋も緊張します。腸腰筋のハリが腰痛へとなります。

腸は腰の前にありお腹の大部分を占めています。腸の根元は腸間膜根と呼ばれており、腰椎に付着していると言われています。

腸の中の小腸は食べたものの栄養を吸収し、大腸は水分を吸収する組織です。

腸は小麦粉の中のグルテンにより腸の粘膜細胞は壊されます。壊されることにより腸は固くなります。また、腸の粘膜細胞はただれてしまい、重金属や農薬などの異物までも吸収するようなことになり、それらが血液により全身にめぐるようになります。

腸が固くなることで下垂し、骨盤や股関節にも負担となり、腰椎を前方へ引っ張り出します。そして腰周囲の筋肉は固くなり腰痛になってしまいます。

子宮

子宮は仙骨、恥骨、腸骨などに膜や靭帯を介して骨盤の中にハンモックのように浮かんでいます。骨盤が歪むと膜や靭帯も捻じれ、子宮も捻じれてしまいます。

なんらかの原因で子宮から捻じれることも考えられます。そうなると、逆に骨盤も代償的に捻じれ歪みます。そして腰痛の原因になります。

卵巣

卵巣には卵巣堤索と呼ばれる卵巣を骨盤に固定する靭帯があります。この靭帯が小腸や胸腰筋膜とつながっているため、卵巣提索が緊張すると腰痛を起こす原因になります。

整体ありすけでできること

腰痛と内臓は密接な関係にあり本人が原因でないようなところが案外、原因だったりします。

整体で内臓の施術ってどうやるの?と思われるかもしれません。しかし、オステオパシーではお腹を優しく触るような内臓の施術もあります。なので、内臓由来の腰痛でも対応することが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました